北軽井沢ペンションティンカーベル
トップページ
御挨拶
御精算について

交通
設備
食事
Q&A

予約
軽井沢観光ガイド
北軽井沢観光ガイド
北軽井沢の天気
北軽井沢道路情報
リンク


食事

美味しい御飯御飯

 メインディッシュは自慢の御飯です。日本で最もおいしい、佐渡島強清水産の減農薬米を使っています。親戚に無理を言って、特別に分けてもらい、2週間ごとに玄米を発送してもらい、食べる直前に精米を行っているので、いつも新鮮なお米をお客さまに提供することができます。味は、魚沼産をはるかに越えています。正直言いまして、北軽井沢ブルーベリーYGHで、一番、お金をかけているのは、このお米の部分です。他を犠牲にしても、お米の品質を一番に考えています。


肉料理肉料理または魚料理

 ハンバーグ、ムニエル、カルビ、各種ステーキ、ロールキャベツといった料理の中からローテーションをさせていただいています。特にお子様の多い日は、お子様の人気メニューである特性ハンバーグをチョイスするようにしていますし、ボリュームを優先する男性のお客様が多い時は、各種のステーキをお出ししています。

 また、肉が食べられないお客様がいらっしゃるときは、魚料理とくにムニエル(サーモン.カジキマグロ.ムキカレイ)・サバの竜田揚などをお出ししたり、冬であればカニ料理をお出しすることもあります。(但し、エビやカニはアレルギーに配慮して前もって予約時にリサーチしたうえでお出しするようにしています)

 昔は、フランス料理のフルコースを出したり、おしゃれに洋風に豪華に見えるものをお出ししたこともありましたが、さいきんは、そういうものにこだわるより、食品の安全性を重視することが先決だと思うようになりましたので、やめました。農薬漬けになった外国産の格安野菜を使ったり、格安の食肉を使ってまで、みてくれが豪華なものをだすのに疑問を感じたのです。最近は私自身が、毎日御客様と一緒に自分も食べたくなるような安全な食事をお出しするようにこころがけています。


煮もの料理(汁物)煮もの料理(汁物)

 お料理にあわせて、茶碗蒸、おでん、シチュー、ポトフ、煮込み、豚汁、おきりこみ、ちぎりっこ、えぐさ味噌といった、洋風煮込みや郷土料理をお出ししています。特に『おきりこみ』に関しては、レストランで注文すれば、1000円は軽くこえてしまう御馳走ですので、皆さんに味わっていただきたい一品です。


新鮮な油が一番揚げ物

 メインが肉料理だった場合に、たまに魚の揚げ物がでたりします。他に揚餃子やラビオリ、魚介類の揚物、フレンチポテト、銀杏といったものが付くことがありますが、何をお出しするににしても、そのつど新しい油であげるようにしています。揚げ物は油が命です。どんな揚げ物も、油の善し悪しで最悪な料理になります。もちろん、油を何度も使い回すことは絶対にありません。どんなにもったいなくとも、そのつど新鮮な油を使います。


嬬恋の高原野菜サラダ

 輸入食材でなくサラダは地場産のものを使っています。嬬恋の高原野菜は、標高の高さから病気や虫の発生率も低いために、減農薬野菜の栽培に適しています。ですから嬬恋の減農薬野菜を使ったサラダをお作りしています。とくに夏は、隣の無人市場から、朝露のついたキャベツを買っています。それも割れたキャベツで、割れたキャベツはスーパーなどでは商品価値は無いですが、味は絶品です。余談ですが、嬬恋のキャベツ畑では、朝露をたたえてパキパキとキャベツが割れる音がすることがあります。そういう時にもいだキャベツは、本当に新鮮そのものでした。


新鮮な卵卵料理

 浅間の鳥牧場の卵を使っています。篭に入れられている鶏でなく、地面で飼われている鶏の卵を安心して味わってください。なによりも安心して食べられるのが一番です。ただし、料理する側としては、卵の殻が固いのに閉口することがあります。皆さんも、北軽井沢のお土産に買って帰ってはいかがですか?


お茶会でデザート

 お料理にあわせて名物のゴマプリン、ブルーベリームース、アイスクリーム、黒糖プリン、トマトシャーベット、椰子の実アイス、チョコレートケーキ、その他各種のデザートをお出ししています。という訳で、腹八分目のままで、デザートに御期待ください。もちろん連泊すれば、毎日違う種類が出ます。


飲み物の販売

缶ジュース類
100円
発泡酒(350ml)・缶チューハイ
200円
缶ビール(350ml)
300円
ボトルワイン
1000円
カップラーメン
150円
  ワイン

お茶・コーヒーは無料です
宿泊予約